HARU COMIC CITY 14
►開催日時:2009年3月15日(日)10:00〜15:00  ►開催会場:東京ビッグサイト 西1・2ホール、東1〜6ホール
►天候:快晴|最高気温 13.9℃|最低気温 4.9 ℃  ►総来場者数:約66,000人

VISUAL REPORT
今年のHARU14は、予想を上回る多くの参加申し込みを頂き、急遽開催規模を拡大!東西ホールを使用しての開催になりました。
また、開場時間をこれまでのイベントより30分早め、5月開催「SUPER COMIC CITY」と同じ10時開場に変更し、一般待機列を東西に分けて形成しました。例年課題になっていた一般入場の混雑を分散化し、入場待ち時間の短縮を行いました。

それでは、今回の様子を以下「VISUAL REPORT」よりご覧ください。


■パンフレットイラスト
Illustrated by
高星麻子【SILVER STONE】 & 六芦かえで【Clips.】

西展示棟(西1〜2ホール:ジャンプ系FC)
サークル入場・一般待機列様子
サークル入場も30分早い、8:00〜サークル入場を開始しました。 また、西ホール側の一般待機列は、10時の開場時点で約6000人以上が並びました。
西ホール・会場内様子
西ホールはジャンプ系FCが配置され、各所で列ができました。 また、西ホールの一般待機列付近には、屋台村「ゴチ豚」が朝から営業開始され、朝ごはんにお昼御飯にと来場者の胃袋を満たしました。
西1・2ホール間のアトリウムには、大型Cafeスペース「アリス×クロス カフェ」が出現。こちらでは、カフェ利用はもちろん、アリスクロス関連商品の販売やアリス×クロス体験会イベントなど行われ、参加者の憩いの場となりました。
屋台村「ゴチ豚」
一般待機列スペース脇に出現した屋台村「ゴチ豚」。11台のケーターリングカーがご飯物やデザートなど販売。朝・昼ご飯や、ちょっと小腹が空いた時など、来場者のお腹を満たしました。
アリス×クロスカフェ 【コーナー協賛:(株)ブシロード】 アリス×クロス公式サイトへ
こちらでは、西ホールアトリウムを有効活用して、カフェエリアをご提供!
先着でカフェ利用をされた方には、特典として、オリジナルビニールコースターをプレゼントいたしました。
さらに、カフェ内の特設ミニステージでは、午前・午後の2回に分けて声優の方による「アリス×クロス体験会」イベントも行われ、多くの方にご参加頂きました。
次回カフェでもお楽しみ頂ける提供内容を検討中です!
東展示棟(東1〜6ホール)
東1ホール:芸能・音楽/服飾・雑貨/パロ系グッズ
東2ホール:アニメFC/芸能・音楽/創作一般/創作JUNE・BL/歴史・古典
東3ホール:アニメFC
東4ホール:ゲーム
東5ホール:ゲーム/小説FC/マンガFC/ジャンプ系FC
東6ホール:マンガFC
サークル入場・一般待機列様子
朝から例年を上回るスピードで、来場者が一般待機列に並び、パンフレットをチェックするなどの光景が見られました。また、メロンパン屋さんが出展し、開場まで常に列が伸び、来場者の小腹を満たしました。
10:00の開場時には、一般待機列に約16,000人が並び、一般待機場所・及びガレリアは人で溢れました。
東ホール・会場内様子
東ホールも開場後混雑し、ガンダムOO・コードギアス・忍たま・DISSIDIA FF・ヘタリアなどを中心に混雑が見られました。
「デジタルセミナー」(写真上側)
午後から東2ホールでは、セルシス社による「ComicStudio 4.0」セミナーを開催。コマ割り・枠線や描画ツールの使い方を詳しく紹介しました。 また、館内のデジタルツールストア「Akaboo DIGITAL TOOLS」では「ComicStudio 4.0」やペンタブレットのデモ体験コーナーを設置し、特価販売! >>こちら
「同人講座」(写真下側)
東6ホールでは、同人講座を開催。原稿の作り方やコピー本の創り方など武田“コックローチ”圭史氏が面白トーク満載で講義を行いました。
盲導犬募金
赤ブーブー通信社は、財団法人 日本盲導犬協会の活動主旨に賛同し、盲導犬育成を応援しています。
ガレリア入口に特設募金コーナーを設置。たくさんの方にご協力頂きいただきました。購入すると一部が活動資金に充てられる協会オリジナルの活動盲導犬グッズも大人気でした。
今後もCOMIC CITY会場では盲導犬募金コーナーを設置し、啓蒙活動を実施して参ります。
その他
画材販売「赤豚堂」
全332種 Akaboo Original TONEは特価 5枚1,000円にて発売!その他、マンガ作成に必要な画材や、イベント当日にお役立ち商品を販売しました。
ネット通販 画材屋 赤豚堂は >>こちら
お菓子販売「Flower Candy」
雑貨に加え、キャンディやチョコレート、スナック菓子を販売。イベント当日の差し入れや小腹がすいた時などにご利用いただきました。


ご参加・ご来場ありがとうございました。

今回のHARU14は、COMIC CITY開催至上最大の規模と動員数となりましたが、参加/来場者の皆様のご協力により、無事開催を終了することができました。 心より御礼申し上げます。
ありがとうございました。

次回も、皆様のご来場をお待ちしております。

赤ブーブー通信社

レポートINDEX